コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セッラ Sella, Quintino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セッラ
Sella, Quintino

[生]1827.7.7. ノバラ,モーソ
[没]1884.3.14. ビエッラ
イタリアの政治家。工学研究に従事したあと 1860年に政界に入り,62年と 64~65年に統一新国家の蔵相に就任。健全財政論者で,独立戦争費など累積赤字をかかえた国家財政の改善のため超緊縮政策をとり,国民に耐乏生活を強いた。 69~73年に3度目の蔵相となり,農民に嫌われた製粉税の取立てなど重税政策を進めて収支均衡予算に近づけ,新国家の財政的基盤の確立に身を献げた。

セッラ
Serra, Renato

[生]1884. チェゼーナ
[没]1915. ポドゴラ
イタリアの評論家。ボローニャ大学で,カルドゥッチに師事。『ボーチェ』誌に拠り,20世紀初頭の精神の危機に警鐘を鳴らした。第1次世界大戦中に前線で没した。主著『一文学者の反省』L'esame di coscienza di un letterato (1915) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セッラの関連キーワードピエモンテとロンバルディアのサクリダイヤモンド(宝石)新古典主義音楽サン・マリノルカ トニサンガッロイスキア島モルターリ12月5日ポルドイ峠カナツェイロータカゼラ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android