セツ(英語表記)Sēt; Seth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セツ
Sēt; Seth

旧約聖書中の人物。アダムイブの子 (創世記5・3~8) 。セツはアダムとイブの第3子として,アベルカインされたあとに生れたといわれる。セツとは,ヘブライ語で「与える」の意。すなわち,神がアベルの代りに与えた子の意味。エノスを 105歳のときに生み,912歳まで生きたといわれる (創世記5・6~8) 。その子孫にノアが出た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のセツの言及

【十字架伝説】より

…キリストがかけられた十字架に関する初期東方伝説。アダムが死んだとき,その子セツSethは神の命により天国の生命の樹から三つの種子を採り,アダムの舌の下に置いた。後年これらの種子はアダムの墓に生育し,やがて美しい大木となって繁茂した。…

※「セツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セツの関連情報