コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セプティミウス・セウェルス Lucius Septimius Severus

1件 の用語解説(セプティミウス・セウェルスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セプティミウス・セウェルス【Lucius Septimius Severus】

146‐211
ローマ皇帝。在位193‐211年。北アフリカのレプキス・マグナを生地とする。フェニキア人の家庭に育ち,ローマに渡る。官職経歴は170年に財務官で始まり,バエティカ属州の財政担当者,北アフリカの知事を務めた後,護民官職を歴任,その後,シリア軍団長,ガリア・ルグドゥネンシス知事,シチリア総督を経て,190年には執政官(コンスル)に就任した。それに続く2年間,当時最も重要な軍事的拠点の一つであった上パンノニア属州の軍事指揮権をゆだねられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のセプティミウス・セウェルスの言及

【ローマ】より

…元老院の立てた皇帝ペルティナクスは親衛隊に殺され,各地の軍隊は69年の〈四帝年〉のときのように,次々と皇帝を挙げた。ブリタニアでクロディウス・アルビヌス,シリアでペスケンニウス・ニゲル,そしてパンノニアでセプティミウス・セウェルスが挙げられ,このうちセプティミウス・セウェルスがローマを占領して競争者を倒し,セウェルス朝の開祖となった。彼の統治(193‐211)は,軍隊にのみ基礎を置く軍事政権で,元老院はほとんど無視した。…

※「セプティミウス・セウェルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セプティミウス・セウェルスの関連キーワードウェスパシアヌスカラカラジギスムントデキウス北海道新幹線テオドシウスネルワアントニヌスピウスレプティスマグナオンキャンパス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone