コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セラード cerrado

4件 の用語解説(セラードの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

セラード【cerrado】

ブラジル中央部のサバンナ気候地域にみられる植生。イネ科植物を主とする草原で低木をまじえる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セラード【cerrado】

おもに幹の曲がったまばらな灌木とイネ科草本から成る植生で,ブラジル中央の熱帯草原(サバンナ)気候から温暖湿潤気候の地域にまで広がり,その面積は約183万km2にも及ぶ。特にゴイアス州では約88%,ミナス・ジェライス州では約53%,ピアウイ州では約46%,マト・グロッソ州では約39%がセラードで占められている。セラードの成立には,気候的極相説,焼畑など火入れによる説などあるが,最近では,栄養に乏しい土壌が原因であるとする土壌的極相と考えられるようになってきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セラード
せらーど
Cerrado

ブラジル中央部のサバンナ気候地域にみられる植生。イネ科の草を主としており、半落葉性の低木を交えるカンポ・セラードから、低木がまばらに散在するカンポ・スージョ、草原であるカンポ・リンポまでの総称で、南アメリカの代表的なサバンナ植生である。ブラジル中央部の高原のセラード地域は酸性が強く、乾期に野火が多いので放牧場にしか利用されない所が多かった。しかし、日本の技術と資金の援助で大規模な農地化計画が実施されるなど開発が進められており、近い将来、世界の穀倉となることが期待されている。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のセラードの言及

【草原】より

…現在では野生動物は圧迫され,森林面積が減少してサバンナが広がるとともにサバンナ自体も荒廃しつつある。
[セラードcerrado]
 南アメリカのアマゾン川流域の熱帯多雨林の周囲にはセラードと呼ばれる熱帯草原が広がる。セラードの草本はカヤツリグサ科ではイヌノハナヒゲ属,シンジュガヤ属が,イネ科ではキビ属が多く,マメ科などの樹木を散生する。…

【草原】より

…現在では野生動物は圧迫され,森林面積が減少してサバンナが広がるとともにサバンナ自体も荒廃しつつある。
[セラードcerrado]
 南アメリカのアマゾン川流域の熱帯多雨林の周囲にはセラードと呼ばれる熱帯草原が広がる。セラードの草本はカヤツリグサ科ではイヌノハナヒゲ属,シンジュガヤ属が,イネ科ではキビ属が多く,マメ科などの樹木を散生する。…

※「セラード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セラードの関連情報