コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センニンソウ(仙人草) センニンソウClematis terniflora(C. paniculata); sweet autumn clematis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センニンソウ(仙人草)
センニンソウ
Clematis terniflora(C. paniculata); sweet autumn clematis

キンポウゲ科の多年草。各地の山野の路傍に生える。茎は長く伸び,まばらに分枝し,表面に多数の縦溝がある。葉は対生し羽状複葉で,3~9枚の小葉をもち,葉柄は曲りくねって他物にからみつく。8~9月頃,葉腋に集散状の円錐花序を出し,多数の白色花をつける。花は直径 1.5~2cm,4枚の萼片は白色花弁状で十文字状に開く。花弁を欠き中央に多数のおしべと,めしべがある。痩果は多数生じ平らな卵形で長さ7~8mm,花柱は 3cmほどに伸び白く羽毛状となる。有毒植物で,その汁が皮膚につくとかぶれるといわれる。同属のものにボタンヅル (牡丹蔓) ハンショウヅル (半鐘蔓) クサボタンなどのほか,観賞用に栽培されるテッセンカザグルマがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

センニンソウ【センニンソウ(仙人草) Clematis terniflora DC.】

日当りのよい路傍の灌木林やブッシュ状の疎林でふつうに見られるキンポウゲ科のつる性の半灌木(イラスト)。茎の少なくとも下部は木化し,枯れずに越冬する。葉は対生し,羽状複葉,小葉は5枚で鋸歯はない。葉柄や小葉柄が木の小枝などに巻きつく。8~9月,枝の先端や葉腋(ようえき)より3出集散状の花序を出し,全体としてしばしば大きな円錐状になる。花は白色,上を向いて全開し,直径2~3cm。萼片は4枚,花弁はなく,おしべは多数,めしべも多数で花柱は長く,白毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のセンニンソウ(仙人草)の言及

【クレマチス】より

…キンポウゲ科センニンソウ属Clematisのつる性多年草(イラスト)。この属は世界の温帯地方で200種以上あり,なかでも園芸的にクレマチスと総称されるものは中国産のテッセンC.florida Thunb.,ラヌギノーサC.lanuginosa Lindl.や日本産カザグルマC.patens Morr.et Decne.,およびこれらの種が関係した交配種であることが多い。…

※「センニンソウ(仙人草)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone