テッセン

百科事典マイペディアの解説

テッセン

中国原産のキンポウゲ科のつる草で,観賞用に栽培。茎は細く,木質で2〜3mに伸び,1〜2回3出複葉を対生する。6〜7月,葉腋から出た長い柄に,径5〜8cmのを単生。6枚の白色の萼片を花弁状に平開する。紫紅色花や八重咲変種もある。園芸品種のクレマチスの重要な交雑親の一つ。→カザグルマ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テッセン
てっせん / 鉄線
[学]Clematis florida Thunb.

キンポウゲ科の落葉藤本(とうほん)(つる植物)。茎が細長く質が堅いのでこの名がある。クレマチスの代表的な1種で、カザグルマと近縁である。原産は中国。葉は対生し、有柄の3出葉または2回3出複葉で、小葉は卵形または卵状披針(ひしん)形、葉柄は他物に巻き付く。花は葉腋(ようえき)につき、白色で径6~8センチメートル、花弁がなく、萼片(がくへん)は6枚で花弁状、雄しべは多数あり、普通は花糸が扁平(へんぺい)で暗紫色。ほかに紫色花や八重咲き花のものもある。花期は5~6月。排水のよい肥えた土壌に植え、根元は日陰にし、茎葉には日を当てる。繁殖は挿芽、つる伏せなどによる。[松岡清久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のテッセンの言及

【クレマチス】より

…キンポウゲ科センニンソウ属Clematisのつる性多年草(イラスト)。この属は世界の温帯地方で200種以上あり,なかでも園芸的にクレマチスと総称されるものは中国産のテッセンC.florida Thunb.,ラヌギノーサC.lanuginosa Lindl.や日本産カザグルマC.patens Morr.et Decne.,およびこれらの種が関係した交配種であることが多い。 観賞用のクレマチス類は寒さに強く,つる丈2~3m。…

※「テッセン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android