コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンショウヅル

百科事典マイペディアの解説

ハンショウヅル

本州,九州の山地にはえるキンポウゲ科のつる性多年草。茎は木質,葉は鋸歯(きょし)のある卵形の小葉3枚からなる。初夏,若枝の基部付近から細い花柄を出し,鐘形で,長さ2.5〜3cmの花を1個下垂して開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンショウヅル
はんしょうづる / 半鐘蔓
[学]Clematis japonica Thunb.

キンポウゲ科の藤本(とうほん)(つる植物)。葉は対生し、1回3出の複葉、質は厚くて堅い。小葉は細長い卵形、縁(へり)に鋸歯(きょし)がある。5~6月、長さ約3センチメートルで光沢のある紅紫色花を1個ずつ下向きに開く。小包葉は1対、花柄の中部につく。果実は痩果(そうか)、羽毛状の長い花柱が残る。低山の林縁に生え、本州、九州に分布する。名は、花形が半鐘を思わせることによる。紀伊半島と四国には小包葉が花の直下につく変種コウヤハンショウヅルが、中国地方と九州には花に毛のある変種ケハンショウヅルが分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハンショウヅルの関連キーワードハンショウヅル(半鐘蔓)センニンソウ(仙人草)ミヤマハンショウヅルクレマチス本州

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android