コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサボタン クサボタン Clematis stans

2件 の用語解説(クサボタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサボタン
クサボタン
Clematis stans

キンポウゲ科の多年草で基部が木化し,冬は落葉する。本州各地の山野や林縁に普通で,高さ 1mになる。葉は長い柄のある3出複葉で対生し,質が厚く,葉の裏面に葉脈が目立つ。夏に,大きな円錐花序をつけ,個々の花は筒形で,先が4つに割れる萼筒が花冠状に発達していて,外面白色,内面は淡紫色をしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサボタン
くさぼたん / 草牡丹
[学]Clematis stans Sieb. et Zucc.

キンポウゲ科の多年草。つる植物が多いセンニンソウ属の一つであるが、茎は直立し高さ1メートル、下部は木化する。葉は対生し、大形の1回3出複葉、小葉は卵形で厚く粗い鋸歯(きょし)がある。花は淡紫色、長さ約2センチメートル、8~10月、大きな円錐(えんすい)花序に多数が下向きにつき、細い鐘形で、4枚の萼片(がくへん)の先端は反り返る。すべての花に雄しべと雌しべがあるが、機能的に雄花と雌花とに分化している。果実は痩果(そうか)で、羽毛状の長い花柱が残る。林縁や草原に生え、本州に分布する。四国、九州には変種ツクシクサボタンが分布し、石灰岩地に生えることが多い。北陸地方には花が青紫色で幅広い鐘形の別種タチクサボタンC. urticifolia Nakaiがある。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクサボタンの言及

【センニンソウ(仙人草)】より

…園芸植物も多く,クレマチスと総称される。日本にはセンニンソウと同様,つる性のハンショウヅルや小低木状になる草本のクサボタンC.stans Sieb.et Zucc.など20種近くが分布する。【田村 道夫】。…

※「クサボタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クサボタンの関連キーワードキンポウゲ科唐松草金梅草草牡丹信濃金梅深山苧環馬の足形金鳳花立金花キンポウゲ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone