コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カザグルマ

百科事典マイペディアの解説

カザグルマ

キンポウゲ科のつる性多年草。本州〜九州北部,東アジアに分布し,おもに林縁にはえる。観賞用にも植えられる。茎は木質,葉は長さ3〜10cmの小葉3〜5枚からなり,初夏,短い若枝の先に白または淡紫色の花を単生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カザグルマ
かざぐるま / 風車
[学]Clematis patens Morr. et Dcne.

キンポウゲ科のつる植物で、褐色の茎は木化する。クレマチス属の1種。葉は羽状複葉で小葉は3~5枚。当年枝に1~3対の葉をつけ、5~6月に1花を頂生する。花弁はなく白色の萼(がく)8枚が花弁状となり、色は淡紫ないし淡青もしくは白。雄しべは多数で葯(やく)は細長く紫色、花糸は白色で扁平(へんぺい)。痩果(そうか)は広卵形で、宿存する花柱には黄褐色の長毛がある。園芸種作出の交雑親として利用される。やや湿り気の多い所に生え、中部地方以西の本州、四国、九州北部に生育し、朝鮮、中国東北部に分布する。
 近縁のテッセン(鉄線)C. florida Thunb.は中国中部の原産で、日本へは寛文(かんぶん)年間(1661~73)に渡来したとされている。名は茎が細長く質が硬いことによる。落葉するが冬期もつるが残る。萼は6枚で白色の花弁状となる。雄しべは多数で変形しており、花糸は扁平に拡大していて暗紫色である。結実しにくい。[冨樫 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカザグルマの言及

【クレマチス】より

…キンポウゲ科センニンソウ属Clematisのつる性多年草(イラスト)。この属は世界の温帯地方で200種以上あり,なかでも園芸的にクレマチスと総称されるものは中国産のテッセンC.florida Thunb.,ラヌギノーサC.lanuginosa Lindl.や日本産カザグルマC.patens Morr.et Decne.,およびこれらの種が関係した交配種であることが多い。 観賞用のクレマチス類は寒さに強く,つる丈2~3m。…

※「カザグルマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カザグルマの関連キーワード奈良県宇陀市大宇陀区小附センニンソウ(仙人草)テッセン(鉄線)キンポウゲ科吉野 善介宇陀市大宇陀

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カザグルマの関連情報