コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カザグルマ

2件 の用語解説(カザグルマの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カザグルマ

キンポウゲ科のつる性多年草。本州〜九州北部,東アジアに分布し,おもに林縁にはえる。観賞用にも植えられる。茎は木質,葉は長さ3〜10cmの小葉3〜5枚からなり,初夏,短い若枝の先に白または淡紫色の花を単生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カザグルマ
かざぐるま / 風車
[学]Clematis patens Morr. et Dcne.

キンポウゲ科のつる植物で、褐色の茎は木化する。クレマチス属の1種。葉は羽状複葉で小葉は3~5枚。当年枝に1~3対の葉をつけ、5~6月に1花を頂生する。花弁はなく白色の萼(がく)8枚が花弁状となり、色は淡紫ないし淡青もしくは白。雄しべは多数で葯(やく)は細長く紫色、花糸は白色で扁平(へんぺい)。痩果(そうか)は広卵形で、宿存する花柱には黄褐色の長毛がある。園芸種作出の交雑親として利用される。やや湿り気の多い所に生え、中部地方以西の本州、四国、九州北部に生育し、朝鮮、中国東北部に分布する。
 近縁のテッセン(鉄線)C. florida Thunb.は中国中部の原産で、日本へは寛文(かんぶん)年間(1661~73)に渡来したとされている。名は茎が細長く質が硬いことによる。落葉するが冬期もつるが残る。萼は6枚で白色の花弁状となる。雄しべは多数で変形しており、花糸は扁平に拡大していて暗紫色である。結実しにくい。[冨樫 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカザグルマの言及

【クレマチス】より

…キンポウゲ科センニンソウ属Clematisのつる性多年草(イラスト)。この属は世界の温帯地方で200種以上あり,なかでも園芸的にクレマチスと総称されるものは中国産のテッセンC.florida Thunb.,ラヌギノーサC.lanuginosa Lindl.や日本産カザグルマC.patens Morr.et Decne.,およびこれらの種が関係した交配種であることが多い。 観賞用のクレマチス類は寒さに強く,つる丈2~3m。…

※「カザグルマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カザグルマの関連キーワードラナンキュラス金梅草草牡丹コロシント信濃金梅仙人草アキレジア馬の足形白銀草立金花

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カザグルマの関連情報