センボンヤリ

百科事典マイペディアの解説

センボンヤリ

ムラサキタンポポとも。キク科の多年草。北海道〜九州,東アジアの暖〜温帯に分布し,山地や丘陵にはえる。葉は根生しタンポポに似るが,ちぎっても白い汁は出ない。花には春型と秋型があり,春型は5〜15cmの花茎舌状花のある径1.5cmほどの頭花をつける。舌状花は白色で裏面が紫色。秋型は30〜60cmの花茎に筒状花からなる閉鎖花をつける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

センボンヤリ【Leibnitzia anandria (L.) Turcz.】

東アジアの東・北部に分布するキク科の多年草(イラスト)。山地の日当りのよい林縁に生え,春と秋にそれぞれ形状の異なる頭花をつける。春には小さなタンポポに似た白い花を開く。閉じると裏側が淡い紫色を帯びているので,ムラサキタンポポとも呼ばれる。秋には長い花茎の先に閉鎖花をつける。多数の花茎を,立てかけた1000本の槍に見たてたところから,センボンヤリの和名がついた。根出葉はロゼット状に発達し,倒卵状長楕円形で頭大羽状に中裂する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

センボンヤリ
せんぼんやり / 千本槍
[学]Leibnitzia anandria (L.) Turcz.

キク科の多年草。春と秋に、それぞれ異なる頭花をつける。春、白色の小さなタンポポに似た頭花が開き、花が閉じると裏側が淡い紫色を帯びているのでムラサキタンポポともよばれる。名のヤリは秋の閉じたままの頭花が30~60センチメートルの花茎の先に上向きにつくようすを槍(やり)に見立てたもので、センボンは群生するようすを表している。春型の花茎は短く、約10センチメートルである。山地や丘陵地の林縁に生え、北海道から本州および東アジア北部に広く分布する。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android