コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼーネフェルダー Aloys Senefelder

大辞林 第三版の解説

ゼーネフェルダー【Aloys Senefelder】

1771~1834) プラハ生まれの発明家。ドイツで活動。楽譜を印刷するため、石版印刷(リトグラフィー)の方法を発明。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼーネフェルダー
ぜーねふぇるだー
Aloys Senefelder
(1771―1834)

ドイツの石版印刷の発明者。王立劇場の俳優を父としてプラハに生まれる。劇作に従事するうち、自作の構図を彫刻させる費用に困り、複写の発明を志す。その結果、従来の銅版彫刻法にかわる石版印刷の原理を1798年に発明した。化学的に調製された石の表面に印刷すべきものを描いていく方法で、リトグラフとよばれて普及した。1806年からミュンヘンの王立印刷局で地図の印刷を指導し、着色印刷法の著作『石版印刷教本』(1818)を執筆し、亜鉛板による金属平版を考案(1818)した。今日の平版印刷の祖である。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゼーネフェルダーの関連キーワードリトグラフィー11月6日ポスター印刷機械印刷業漫画

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android