コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソラマメゾウムシ

2件 の用語解説(ソラマメゾウムシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ソラマメゾウムシ

マメゾウムシ科の甲虫の一種。体長5mm内外。灰黒色で白と灰褐色の短毛がはえる。ユーラシアアフリカ,北米などに広く分布。日本には大正末期に中国から侵入し,現在関東以西の各地に普通。
→関連項目マメゾウムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソラマメゾウムシ
そらまめぞうむし / 蚕豆象虫
broad bean weevil
[学]Bruchus rufimanus

昆虫綱甲虫目マメゾウムシ科に属する昆虫。世界各地に分布するソラマメ類の害虫。体長4.5~5ミリメートル。前肢の腿節(たいせつ)が赤いのが特徴。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソラマメゾウムシの関連キーワード小豆象虫稲象虫栗鷸象虫穀象虫象虫偽瓢虫豆象虫鷸象虫短截象虫アズキゾウムシ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone