コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンマーフェルト ソンマーフェルト Sommerfelt, Alf

2件 の用語解説(ソンマーフェルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソンマーフェルト
ソンマーフェルト
Sommerfelt, Alf

[生]1892.11.23. トロンヘイム
[没]1965.10.12. オスロ
ノルウェーの言語学者。オスロ大学教授。インド=ヨーロッパ語族,特にケルト語派の専門家であるが,一般言語学の諸問題にも業績を上げた。特に言語と社会の関係を深く追究した。論文集『言語の通時的ならびに共時的側面』 Diachronic and Synchronic Aspects of Language (1962) などの著書がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソンマーフェルト
そんまーふぇると
Aime Sommerfelt
(1892―1975)

ノルウェーの女流児童文学作家。オスロ近郊に生まれる。27歳で言語学者アルフ・ソンマーフェルトと結婚、研究を助けるかたわら自らも教育文化活動に携わる。第二次世界大戦中、ナチスにより公的活動を封じられるが、戦後再開。夫アルフがユネスコ創設者の1人となったため、各国での会議に同行、インドでの見聞をもとに書いた『アグラへの道』(1959)で国際アンデルセン賞を受賞した。ほかに『白いバンガロー』(1962)、『ミリアム』(1963)、『ぼくの名はパブロ』(1965)などがあり、いずれも国際的視野にたつ重厚な作風と、問題点の深い把握で知られる。[中山知子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソンマーフェルトの関連キーワードトロンヘイムトロンメルプロトロンビンベバトロンとろんトロンボプラスチン両論併記とろろんトロンヘイム・ソロイスツハイストロング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone