コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソープ Thorpe, Jeremy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソープ
Thorpe, Jeremy

[生]1929.4.29. マンチェスター
イギリスの政治家。オックスフォード大学卒業。弁護士を経て,1959年自由党下院議員。同年南アフリカ人種差別反対組織副委員長。 67年1月 J.グリモンド党首の辞任により自由党党首となったが,76年5月同性愛が暴露され,党首の地位を再びグリモンドに譲った。

ソープ
Thorpe (Thorp), Thomas Bangs

[生]1815.3.1. マサチューセッツ,ウェストフィールド
[没]1878.9.20. ニューヨーク
アメリカのユーモア作家,画家。ルイジアナ州に長く住み,有名なほら話『アーカンソーの大熊』 The Big Bear of Arkansas (1841) などで,アメリカのいわゆる辺境ユーモア小説の基礎を築いた。上記の作を含めた短編集『奥地の神秘』 The Mysteries of the Backwoods (46) などがある。

ソープ
Thorpe, Ian

[生]1982.10.13. シドニー
オーストラリアの競泳選手。8歳で競泳を始め,13歳のときに一大会でオーストラリアの年齢別記録を 10個更新し,1997年に史上最年少の 14歳5ヵ月でオーストラリア代表チーム入りを果たした。1998年の世界選手権大会では 15歳にして 400m自由形の世界記録を樹立。2mの長身とけたはずれに大きな足をもつソープは,トーピード(魚雷)をもじった「ソーピード」の愛称で知られるようになる。2000年シドニー・オリンピック競技大会では 400m自由形,400m自由形リレー,800m自由形リレーの 3種目で金メダル,200m自由形と 400mメドレーリレーで銀メダルを獲得して世界の注目を集めた。その後も自由形の王座を守り,2004年アテネ・オリンピック競技大会では自由形の 200mと 400mで金メダル,800m自由形リレーで銀メダル,100m自由形で銅メダルを獲得。また 1998年から 2003年までに世界選手権で 11のタイトルを勝ちとっている。2006年11月,24歳で突如として引退を表明して水泳界に衝撃を与えた。2011年2月,2012年のロンドン・オリンピック競技大会への準備として国際水泳競技に復帰すると発表したが,予選で敗退し代表入りはならなかった。

ソープ
Thorpe, Jim

[生]1888.5.28. インディアン特別保護区(現オクラホマ),プラーグ付近
[没]1953.3.28. カリフォルニア,ロミタ
アメリカ合衆国屈指の万能型スポーツ選手。本名 James Francis Thorpe。アメリカインディアンの血をひき,カンザス州ロレンスのハスケル・インディアン学校とペンシルバニア州のカーライル・インディアン実業学校に学ぶ。コーチのポップ・ワーナーのもと,カーライル校のアメリカンフットボールチームでプレーしていた 1911年と 1912年,全米チームのハーフバックに選ばれた。 1912年にはストックホルム・オリンピック競技大会の十種競技と五種競技に出場し優勝。しかし 1909年と 1910年にセミプロとして野球の試合に出ていたことが発覚し,翌 1913年金メダルを剥奪された。 1913~19年まで大リーグのニューヨーク・ジャイアンツ,シンシナティ・レッズ,ボストン・ブレーブズに所属。 1919~26年にはプロのアメリカンフットボール初期のスター選手の座を獲得した。 1920~21年NFLの前身であるアメリカン・プロフェッショナル・フットボール連合 APFAの初代会長を務めた。晩年は史上最も偉大なアスリートの一人と称賛されながらも,アルコール依存症やスポーツ以外の職業への不適応から貧困生活を余儀なくされた。 1982年国際オリンピック委員会 IOCがソープのアマチュアとしての地位を認めて名誉を回復し,翌 1983年家族にメダルが返還された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソープ【Jim Thorpe】

1886‐1953
アメリカのスポーツ万能選手。フルネームはJames Francis Thorpe。アメリカ・インディアンの出身で,アメリカン・フットボールで活躍し,1911,12年度全米チームのハーフバックに選ばれた。12年には第5回ストックホルム・オリンピック大会に出場,五種競技と十種競技に優勝して〈世界で最も偉大な選手〉とたたえられた。しかしプロ野球でプレーしていたとの理由で,13年金メダルを没収された。その後,野球やフットボールのプロ選手として活躍したが,晩年は薄幸であった。

ソープ【John Sorp】

1784‐1848
アメリカの発明家。マサチューセッツ生れ。機械製造業に従事し,1812年織機に関する特許を取得。これは経糸(たていと)の開口動作や巻きとりなどに新しいくふうを加えたもの。28年に,今日ではリング精紡機と呼ばれる紡績機械を発明。これは,当時使用されていたミュール精紡機とは異なり,糸の引伸し,撚り(より)かけ,巻きとりを連続的に行うものである。また,R.アークライトのウォーター・フレームの流れをくむスロッスル精紡機がフライヤーによって加撚(かねん),巻きとりを行うのとも異なり,リングとトラベラーという二つの部品の組合せでこの工程を実現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ソープ【soap】

石鹼。シャボン。
ソープランドの略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のソープの言及

【オリンピック】より

…日本が初めてオリンピックに参加したのもこのストックホルム大会である。この大会で,陸上競技の五種競技と十種競技に優勝したアメリカ・インディアンのJ.ソープは,その前年セミ・プロ野球に加わって報酬を得ていたことが判明,アメリカ体育協会(AAU)がそのアマチュア資格を否認し,IOCは金メダルを没収した。オリンピックで起こった最初のアマチュア規則違反事件であった。…

※「ソープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソープの関連キーワードジャパニーズプレミアム ボディソープTAMANOHADA LIQUID無添加せっけん泡のボディーソープ無添加ボディーソープ白いせっけんソーピード Sparkling手洗いせっけんバブルガード消臭エアエイド スプレーキューピーベビーシリーズシルキーリッチシリーズ消臭エアエイド ワイドからだを洗うシャンプー消臭エアエイド スリムソープカービングの日トカラの海の贈りものPURE SAVONBATHTOLOGY消臭エアエイド 大型SMART AIRしらかばシャンプービオレ ボディデリ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソープの関連情報