コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルボンヌ ナルボンヌ Narbonne

3件 の用語解説(ナルボンヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナルボンヌ
ナルボンヌ
Narbonne

古代名ナルボフランス南部,オード県地中海まで 13kmの海岸平野に位置する都市。古代ローマの植民地ガリア・ナルボネンシスの首都としてローマ市民権を与えられ,行政,商業の中心地として繁栄,その後,西ゴート人サラセン人などに占領され,16世紀初頭からフランス王領。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナルボンヌ【Narbonne】

フランス南部,オード県の都市。古名はナルボNarbo。人口4万7000(1990)。ラングドック地方のブドウ栽培地帯にあり,ブドウ酒取引の中心地。この産業の不振もあって,人口は近年停滞している。前118年ガリア最初のローマの植民市となった。当時は地中海に面しており,マルセイユに次ぐ海港であった。その後海岸線が後退したが,海とは運河で結ばれ,14世紀まで重要な商業の中心地であった。市内には13~14世紀建立のサン・ジュスト大聖堂などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナルボンヌ
なるぼんぬ
Narbonne

フランス南部、オード県の都市。スペインの地中海沿岸地方とフランス南西部との分岐点に位置する交通の要地。人口4万6510(1999)。紀元前118年、ナルボ・マルティウスNarbo Martiusの名でガリア最初のローマ植民都市として建設され、マルセイユに次ぐ海港となった。その後ガリア・ナルボネンシス地方の首都となって発展したが、5世紀には西ゴート人、8世紀にはイスラム教徒により占領された。759年にセブティマニ公国の首都となり、中世にはトゥールーズ伯に属した。1507年にフランス王領となった。1320年オード川の氾濫(はんらん)によって海港は土砂に埋まり、港の機能を失ったが、その後ロビーヌ運河によって海岸の新港とも結び付くようになった。現在、ぶどう酒、ブランデー、白ヒース蜜(みつ)の産地として知られ、郊外にはウラン精製工場がある。細い通路の旧市街には、13世紀創建、ゴシック様式のサン・ジュスト大聖堂、12~13世紀のサン・ポール・スルジュ教会、ゴシック様式の市庁舎など、歴史的建造物が多い。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナルボンヌの関連キーワードカルカソンヌバンスフランスビルアルカションカンコンス広場シャトーヌフデュパプバントゥー山フォンビエイユメゾンカレーレボードプロバンス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone