タアサイ(読み)たあさい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タアサイ
たあさい /
[学]Brassica campestris L. var. narinosa (Bailey) Olsson

アブラナ科の中国野菜の一種で、ツケナの類。中国読みはターツァイ。「」はぺしゃんことか、つぶれたという意味で、冬場は全体が扁平(へんぺい)に育つ特色から名づけられた。冬季は葉を放射状に密生展開するが、高温期には葉が立ち上がり、姿が変わる。ロゼット葉は直径20~30センチメートルで、重さ200~600グラムになる。日本では200グラムほどで出荷される。葉は杓子(しゃくし)形で、光沢があり、全縁。葉身は円形から卵円形で、しわが寄り、濃い緑色から暗緑色。葉柄は幅8~20ミリメートルで白緑色。花茎は高さ30~40センチメートル、花は長さ2~4ミリメートルで淡黄色。莢(さや)は円柱形で長さ4~8センチメートル。中国の主要品種には小八葉(シャオパーイエ)(株径約20センチメートル)、中八葉(チョンパーイエ)(株径約25センチメートル)、大八葉(ターパーイエ)(株径約30センチメートル)、烏(ウーターツァイ)(暗緑色)、黒葉油(ヘイイエユーターツァイ)などがある。70~80日で収穫でき、周年栽培が可能である。中国では南京(ナンキン)から上海(シャンハイ)一帯で栽培が盛んであり、冬季の重要な野菜の一つになっている。ごわごわした感じだが、見かけによらず柔らかく、油炒(いた)めに向く。日本のキサラギナはタアサイ系で、ビタミンナは大阪シロナと本系の雑種である。
 成分的にはビタミンA、Cや鉄分が多い。中国での分析では100グラム中ビタミンAが2.6ミリグラム、B1が0.67ミリグラム、B2が1ミリグラム、Cが48ミリグラム、鉄分が3.7ミリグラムである。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タアサイの関連情報