コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイヤコード タイヤコードtire cord

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイヤコード
tire cord

タイヤの製造に使う繊維糸で,すだれ状に織り,張合せてタイヤのカーカスの部分を構成する。強度が大きく,耐熱性にすぐれ,疲労抵抗性の強い繊維が要求される。カーカスを構成するコード布目の方向が車輪の中心から見て放射状になっているものをラジアルタイヤといい,布目がタイヤのトレッドに対して斜めで互いに交差してあるものをバイアスタイヤといい,タイヤ性能を大きく左右する。当初は綿コードが広く用いられたが,強力人絹糸のコードが普及し,ナイロンコード,ポリエステル繊維,ガラス繊維,スチールコード,アラミド繊維など複合的に利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タイヤコードの関連キーワードファイアストンコード(電気)ユニロイヤルナイロン繊維強力レーヨン耐熱性繊維ケブラーアラミドアミランビニロンピアノ線綾羽

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android