コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイン川 タインがわRiver Tyne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイン川
タインがわ
River Tyne

イギリス,イングランド北部を流れる川。チェビオット丘陵に源を発するノースタイン川と,ペナイン山脈のクロスフェル山に源を発するサウスタイン川がヘクサムの西で合流してタイン川となり,ニューカッスルアポンタインを経て東流し,北海に注ぐ。全長約 50km,ノースタイン川の水源からは約 100km。本支流ともおおむね平坦な田園地帯を流れ,流域のいたるところで牧羊が行われているが,下流部は炭鉱地帯を貫流し,過去6世紀間にわたって石炭輸送路としての機能を果してきた。河口の三角江の両岸には商工業都市が密集し,人口総計は 100万に近い。なおサウスタイン川下流部の北岸沿いにはローマ時代の防壁である「ハドリアヌス長城」が連なり,ノースタイン川流域の一部はノーサンバーランド国立公園に入っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイン川
たいんがわ
Tyne

イギリス、イングランド北部の河川。チェビオット丘陵に発するノース(北)・タイン川と、ペニン山脈に発するサウス(南)・タイン川がヘクサム付近で合流し、タイン川となって北海に注ぐ。長さ48キロメートル、上流の南北両タイン川はそれぞれ約50キロメートル。下流から河口にかけては、炭田を横切り鉄鉱産地も近接していたので、イングランド北部の工業地帯として発展した。ニューカッスル・アポン・タインゲーツヘッドサウスシールズ、河口のタインマスなど、工業都市が下流両岸に並び、タイン・サイド連接都市域をなしている。サウス・タイン川の北側には、北方のケルト人に対するローマの最前線であったハドリアヌスの長城が東西に連なり、いまでも石積みの遺跡がみられる。[小池一之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タイン川の関連キーワードニューカスル・アポン・タインデービッド アーモンドサウスタインサイドニーウ・ニッケリーノースタインサイドペナイン[山脈]スティーブンソンサウス・シールズペニン[山脈]ニーウニッケリコランタイン川コナベーションスチーブンソンニューカッスルタインブリッジタイン・ウィアタイン[川]タインマウスウォルゼンドイギリス史

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android