タウロコール酸(読み)タウロコールさん(英語表記)taurocholic acid

化学辞典 第2版の解説

タウロコール酸
タウロコールサン
taurocholic acid

choryltaurine.C26H45NO7S(515.71).コール酸とタウリンとが結合した化合物.ナトリウム塩は脊椎動物の胆汁の主成分の一つ.もろい柱状晶(アルコール-エーテル).分解点125 ℃.+38.8°(エタノール).水に易溶,アルコール類に可溶,エーテル,酢酸エチルに不溶.酸またはアルカリによりコール酸とタウリンに加水分解される.界面活性作用が強く,コレステロールなど水に不溶性の物質の消化,吸収に役立つ.[CAS 81-24-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報