コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカノハダイ タカノハダイ Goniistius zonatus

4件 の用語解説(タカノハダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカノハダイ
タカノハダイ
Goniistius zonatus

スズキ目タカノハダイ科の海水魚。体長 30cm内外。体は側扁し,口と歯は小さい。体は淡褐色で腹面は白く,側面に濃褐色の9本の斜走帯がある。尾鰭には白色斑が散在する。近海の岩礁にすみ,本州中部以南,朝鮮,南シナ海などに分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タカノハダイ

タカノハダイ科の魚。地方名タカッパ,ヒダリマキ,キコリなど。全長40cmに達する。体は灰褐色で,8〜9条の暗褐色の斜走帯がある。尾びれには白斑が散在。本州中部〜東シナ海に分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タカノハダイ【Goniistius zonatus】

スズキ目タカノハダイ科の海産魚。長楕円形の体で薄青い地色に褐色の斜めの縞が8~9条体側を走る。この縞が鷹の羽の縞に似ていることからタカノハダイと呼ばれる。略してタカノハ,タカッパ(関東,和歌山)ともいい,フトンジマ(静岡)などともいう。唇が厚いこと,胸びれの下部軟条が肉質で肥大し,分枝していないのが特徴である。なお,幼魚は異様に胸部が丸く,銀色に輝いており,成魚と著しく形を異にする。日本近海に本種のほかユウダチタカノハG.quadricornis,ミギマキG.zebraの2種がいるが,タカノハダイは尾びれに十数個の白い斑紋があることで他の2種と容易に見分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカノハダイ
たかのはだい / 鷹之羽鯛
flagfish
[学]Goniistius zonatus

硬骨魚綱スズキ目タカノハダイ科に属する海水魚。本州中部以南、台湾、東シナ海に分布。体は台形でよく側扁(そくへん)し、口は小さく下向きで唇が厚い。胸びれの下部数軟条が長く、太いことなどが特徴。全長は40センチメートルに達する。体側の斜走帯は赤褐色であること、尾びれに白色点があることなどで近縁のミギマキやユウダチタカノハと区別される。幼魚は腹側の湾曲と側扁度が強く、かみそりの刃状の様相を呈する。産卵期は冬で、早春に全長数センチメートルの幼魚は浮遊生活から沿岸での底生生活に入る。浅海の岩礁域に生息し、岩や海藻の表面の小動物を摂食する。海底に静止する際は直線状の腹面と肥厚した胸びれとを使う。刺網、定置網、一本釣りなどでしばしば漁獲されるが磯(いそ)臭くて味のよくないこと、鱗(うろこ)が硬くてはがしにくいことなどであまり好まれない。房総地方でヨメナカセ、伊豆地方でオケイサン、関西・九州でヒダリマキなど各地での方言は多い。[井田 齋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タカノハダイの関連キーワードナガヅカマダイ鷹の羽鯛アカアマダイアサヒダイイトヨリキグチキハダマグロゴウシュウマダイソコイトヨリ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タカノハダイの関連情報