コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タスクフォース

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

タスクフォース

緊急性の高い、特定の課題に取り組むために設置される特別チームのこと。もともとは軍事用語で「機動部隊」を意味する。通常は組織内の各部署から適任者を抜擢し、短期集中的に課題解決にあたる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

人材マネジメント用語集の解説

タスクフォース

task force
・通常の組織内で行う仕事とは別に、特別なミッション(役割)、作業を一時期的に担うこと。場合によって、その一時的役割を担うメンバー構成員全体を指すことも多い。
・本来は、与えられた仕事の短期間での処理が中心となり、問題の解決や課題の達成を目的とするプロジェクトチームとは分けて使用されていたが、近年は、プロジェクトチームと同義に用いられることも少なくない。
・組織横断的にメンバーが集められることも多いため、その場合にはクロス・ファンクショナル・チーム(CFT:Cross Functional Team)と同義で用いられる。
・近年、非常に注目されている業務の取り組み形態である。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

タスクフォース

特定の課題を達成するために一時的に設置される組織のこと。任務組織、特別作業班などと訳されるが、もともとは軍事用語で「機動部隊」を指す。 通常、タスクフォースのメンバーは組織内の各部署から横断的に抜擢される。例えば新製品開発などにおいて編成されるケースが多い。課題を達成したらその時点でタスクフォースは解散となる。 プロジェクトチームもほぼ同義に用いられるが、プロジェクトチームのほうが比較的長期間に渡る大きなテーマを扱う場合が多く、タスクフォースは緊急性の高い問題の処理にあたる場合が多い。 タスクフォースの長所は、柔軟かつ速やかに問題に対処でき、一定期間にエネルギーを集中するため、高い成果が期待できる点にある。 短所としては、タスクフォースで獲得された新たな知識・情報が、タスクフォースの解散とともに消滅し、組織に浸透しづらいという点がある。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タスクフォースの関連情報