コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タッサー tussah

翻訳|tussah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タッサー
tussah

もとは野蚕絹の意。野蚕に属する宅蚕の繭からとった家蚕絹糸,またはその絹織物をさす。じょうぶで軽く,漂白しにくいのが特徴で,シャンタンもその一種。ほかに類似の風合いをもつ横うねの粗大な平織物もいう。婦人服地として使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

タッサー(tussah)

柞蚕(さくさん)の繭からとった絹糸。また、その平織り絹布。太めの横糸が粗めの横畝の表面をつくり出すので、夏の婦人服地などに使われる。これに似た風合いのポプリンをさすこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

タッサー

野蚕の柞蚕(さくさん)糸,またその織物。タッサー・シルクともいう。柔軟で軽く光沢があり,布面に節(ふし)が現れ野趣がある。この外観を模した織物も多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

タッサー【tussah】

木綿織物の一。たて糸より太いよこ糸を用いて平織りにし、粗い横畝を表したもの。
野蚕糸やさんしの一。また、その糸で織った織物。淡褐色で光沢があるが、漂白・染色は困難。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

タッサーの関連キーワードブロード・クロス木綿織物シャドー淡褐色染色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android