コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タツナミガイ(立浪貝) タツナミガイhatchet sea hare

世界大百科事典 第2版の解説

タツナミガイ【タツナミガイ(立浪貝) hatchet sea hare】

アメフラシ科の巻貝。房総半島以南~熱帯太平洋に広く分布し,潮間帯から浅海の海藻の生えた砂れき底にすむ。体長20cm以上になり,長卵形。体は褐色~緑褐色で雲状の模様がある。後方へ太くなり背面は膨らみ多数の大小不同の円錐形の突起がある。左右両側葉は小さくて泳げないが,背面中央で接して前後二つの背孔が開き,後方の背孔は円形の区割りの中央にある。生きているときはここから海水が出入りする。その中に外套(がいとう)膜に一部覆われた貝殻があり,この形が立浪形をしているのでタツナミガイの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android