コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タナトス Thanatos

翻訳|Thanatos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タナトス
Thanatos

ギリシア神話の死神。夜の女神ニュクスの子で,眠りヒュプノスの双子の兄弟とされ,肩に翼をもつ姿で表わされる。ヘラクレスに負かされて,いったん死んだアルケスティスを墓場から奪い返されたり,シシュフォスを冥府に連れに行って,あべこべに縛られてしまい,そのためしばらくは死ぬ者がだれもいなくなり,ようやくアレスによって救出され,また死神の機能が果せるようになったとされるなど,神話のなかでは,あまり有力でない副次的神格でしかない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タナトス(〈ギリシャ〉thanatos)

ギリシャ神話で、死を擬人化した神。眠りの兄弟、また夜の子とされる。
フロイトの用語で、生の本能に対する、無機物の不変性に帰ろうとする死の本能(衝動)のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

タナトス【Thanatos】

ギリシア神話で,〈死〉を擬人化した神。ホメロスではヒュプノス(〈眠り〉)の兄弟,ヘシオドスではニュクス(〈夜〉)の子とされるが,いずれも抽象的な存在にとどまる。人格神としての彼は,英雄ヘラクレスがタナトスと格闘してアルケスティスを救うエウリピデスの悲劇《アルケスティス》や,シシュフォスにより河神アソポスの娘の誘拐犯人と暴露されて怒ったゼウスが,シシュフォスのもとへタナトスを遣わしたところ,狡猾なシシュフォスはタナトスをだまして縛り上げたため,軍神アレスがそのいましめを解くまで,しばらく死者が出なかったという前5世紀の作家フリュニコスの伝える話などに見いだされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

タナトス【Thanatos】

○ ギリシャ神話で、「死」を擬人化した神。
フロイトの用語。攻撃、自己破壊に向かう死の本能をさす。 ↔ エロス

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

タナトスの関連キーワードノーマン・オリバー ブラウン世界の神話にみる万象の起源ハルストリョームタナトスの画家ギリシア神話サナトロジーヘゲシアスココシュカキレネ学派シャウカル動機づけ林あまりリビドー斉藤一平藤田芸如精神分析白石朋也パーシーエロスニクス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タナトスの関連情報