コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヌキアヤメ Philydrum lanuginosum Banks

世界大百科事典 第2版の解説

タヌキアヤメ【Philydrum lanuginosum Banks】

タヌキアヤメ科の直立性草本(イラスト)。茎は高さ50~100cmになり,綿毛をかぶり,上部で多少分枝する。葉は基部が茎を抱くように折りたたまれ,剣状で長さ30cmほどだが,茎の上部になるにしたがい短小となる。茎頂に生じる穂状花序は長さ30~60cm,葉状の苞間に花を単生する。花被は黄色,外側の2枚は大きく反曲し,内側のものは退化おしべが弁化したもので,先端が裂ける。稔性おしべは1本,子房は上位で1室。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タヌキアヤメ
たぬきあやめ / 狸文目
[学]Philydrum lanuginosum Banks ex Gaertn.

タヌキアヤメ科の多年草。茎は高さ0.5~1メートル。葉はアヤメに似て剣状で2列につき、長さ40~80センチメートル。花序は穂状、褐色の毛が密生する。花は両性、花被片(かひへん)は黄色、花弁状で、内花被片と外花被片が1対ずつある。雄しべは1本。子房は3心皮性で上位につく。湿地に生え、九州南部から沖縄、および中国、東南アジア、インド、オーストラリアに分布する。
 タヌキアヤメ科Philydraceaeはアジア、太平洋諸島、オーストラリアの熱帯、亜熱帯に4属5種分布する。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例