コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヌキアヤメ Philydrum lanuginosum Banks

2件 の用語解説(タヌキアヤメの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タヌキアヤメ【Philydrum lanuginosum Banks】

タヌキアヤメ科の直立性草本(イラスト)。茎は高さ50~100cmになり,綿毛をかぶり,上部で多少分枝する。葉は基部が茎を抱くように折りたたまれ,剣状で長さ30cmほどだが,茎の上部になるにしたがい短小となる。茎頂に生じる穂状花序は長さ30~60cm,葉状の苞間に花を単生する。花被は黄色,外側の2枚は大きく反曲し,内側のものは退化おしべが弁化したもので,先端が裂ける。稔性おしべは1本,子房は上位で1室。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タヌキアヤメ
たぬきあやめ / 狸文目
[学]Philydrum lanuginosum Banks ex Gaertn.

タヌキアヤメ科の多年草。茎は高さ0.5~1メートル。葉はアヤメに似て剣状で2列につき、長さ40~80センチメートル。花序は穂状、褐色の毛が密生する。花は両性、花被片(かひへん)は黄色、花弁状で、内花被片と外花被片が1対ずつある。雄しべは1本。子房は3心皮性で上位につく。湿地に生え、九州南部から沖縄、および中国、東南アジア、インド、オーストラリアに分布する。
 タヌキアヤメ科Philydraceaeはアジア、太平洋諸島、オーストラリアの熱帯、亜熱帯に4属5種分布する。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タヌキアヤメの関連キーワードグラジオラスタヌキ烏扇狸豆誰故草捩菖蒲狸菖蒲檜扇菖蒲エヒメアヤメ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone