コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヌーヒー タヌーヒー al-Tanūkhī , Abū `Alī al-Muḥassin

2件 の用語解説(タヌーヒーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タヌーヒー
タヌーヒー
al-Tanūkhī , Abū `Alī al-Muḥassin

[生]939.1. バスラ
[没]994.3.11. バグダード
アラブの作家。特に逸話文学の大家として有名。法官の子として生れ,イラク各地で法官として勤めたが,起伏に富む生涯をおくった。晩年はバグダードで講話や著述に没頭した。3つの逸話集のほか詩集なども著わしたが,詩集は伝わらない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タヌーヒー【Tanūhī】

940ころ‐994
アラブの文学者。バスラのカーディー(裁判官)の家に生まれる。バスラで教育を受け,ブワイフ朝時代にバグダードのカーディーとなる。一時解職,財産も没収され,その間にエジプトへ旅行。その後復職したものの,同朝の君主,アドゥド・アッダウラによって投獄された。口承文学やそれ以前の文学書の逸話を集成した《苦あれば楽あり》が最も有名な作品で,広く読まれ,後代の作品にも多大の影響を与えた。【清水 宏祐】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タヌーヒーの関連キーワードキンディージャーヒズマスウーディギブBADEAディーディーアブー・ウバイダアブー・ウバイド・アルカーシムアブー・ユースフハリール・ブン・アフマド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone