コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヌーヒー al-Tanūkhī , Abū `Alī al-Muḥassin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タヌーヒー
al-Tanūkhī , Abū `Alī al-Muḥassin

[生]939.1. バスラ
[没]994.3.11. バグダード
アラブの作家。特に逸話文学の大家として有名。法官の子として生れ,イラク各地で法官として勤めたが,起伏に富む生涯をおくった。晩年はバグダードで講話や著述に没頭した。3つの逸話集のほか詩集なども著わしたが,詩集は伝わらない。逸話集中,最も充実したものは『座談の糧』 Kitāb nishwār al-Muḥādarahで,12巻から成るが,第1,第2,第8の3巻しか発見されていない。しかし,他の文献に引用されたものにより 12巻に復元した版がベイルートで刊行された。ほかに『苦あれば楽あり』 al-Faraj ba`d al-shiddahなど数著を残した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タヌーヒー【Tanūhī】

940ころ‐994
アラブの文学者。バスラのカーディー(裁判官)の家に生まれる。バスラで教育を受け,ブワイフ朝時代にバグダードのカーディーとなる。一時解職,財産も没収され,その間にエジプトへ旅行。その後復職したものの,同朝の君主,アドゥド・アッダウラによって投獄された。口承文学やそれ以前の文学書の逸話を集成した《苦あれば楽あり》が最も有名な作品で,広く読まれ,後代の作品にも多大の影響を与えた。【清水 宏祐】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タヌーヒーの関連キーワードステファヌス8世(9世)承平・天慶の乱サンチョ2世Socket 939アゼルスタンレオ7世定款採用条件の変更矢部川田村市都路

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android