コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タビビトノキ

百科事典マイペディアの解説

タビビトノキ

オウギバショウ,ラベナラとも。マダガスカル島原産のバショウ科の常緑中高木。葉はバショウに似ているが,高さ5〜20mの幹の先に扇状に多数つく。葉柄の基部が肥大して水がたまり,旅人がこれでのどをうるおしたというので旅人木の名がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タビビトノキ【traveler’s‐tree】

バショウ科オウギバショウRavenalaの常緑の中高木で,マダガスカルに1種を特産する(イラスト)。直立する木質の茎は高さ20mと大きく,幹も太く,それにバナナに似た長さ2.5mほどの葉身と長い葉柄をもつ葉を,美しく扇を広げたように2列生する。花は白く,仏焰苞(ぶつえんほう)は12枚以上ある。葉鞘(ようしよう)に水がたまり,旅人がこの水で渇をいやしたことからリョジンボク(旅人木)の名がある。またオウギバショウ(扇芭蕉)の名もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タビビトノキ
たびびとのき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タビビトノキの関連キーワードタビビトノキ(旅人の木)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android