コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマノミドリガイ Berthelinia limax; bivalved snail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマノミドリガイ
Berthelinia limax; bivalved snail

軟体動物門腹足綱タマノミドリガイ科。2枚の殻をもつ巻貝として有名。殻長 0.5cm,殻高 0.35cm,殻幅 0.2cm。殻は薄質,扁平な卵形で,殻色は淡緑色。左殻は本来の殻で,巻貝であることを示す巻いた胎殻があるが,右殻は二次的に発生の途中から生じたもので,成体では左右殻はほぼ同形,同大となる。軟体は細長く,頭には一対の触角および眼がある。内臓は左右の殻で囲まれている。1950年に岡山県玉野市で発見された。瀬戸内海に多く,フサイワヅタ(→イワヅタ)の上にすむ。2枚の殻を有するが二枚貝類とはまったく類縁関係はない。この類はフランス北部パリ盆地の新生代古第三紀層にも出現する。(→腹足類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タマノミドリガイ
たまのみどりがい / 玉野緑貝
[学]Edenttellina limax

軟体動物門腹足綱タマノミドリガイ科の動物。瀬戸内海に多く、能登(のと)半島にも分布し、海藻のフサイワヅタの上にすむ後鰓(こうさい)類である。殻は左右2殻片からなり、殻長5ミリメートル、殻径3.5ミリメートル、殻幅2ミリメートルに達する卵楕円(だえん)形で扁平(へんぺい)、淡緑色をしている。左殻頂には巻いた小さな胎殻があり、右殻は二次的に生じる。軟体は細長く、頭には一対の触角の後ろに目がある。内臓は左右の殻で包まれている。このグループはかつては死殻しか知られていなかったので二枚貝と思われていたが、1950年(昭和25)に岡山県玉野市で生きた貝が発見され、後鰓類であることが初めてわかった。和名はこれにちなんだものである。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タマノミドリガイの関連キーワードタマノミドリガイ(玉野緑貝)ユリヤガイ玉野緑貝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android