コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タリハ タリハTarija

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タリハ
Tarija

ボリビア南部,タリハ県の県都。スクレの南南東約 280km,アンデス山脈中のタリハ川河谷にあり,標高約 1900m。周辺の肥沃な農業地帯の商業中心地で,トウモロコシ,野菜,小麦,ジャガイモ,ブドウなどを集散。パンアメリカン・ハイウェーから分岐する道路が通じるが,貨物輸送が困難なため,農産物はほとんど地元で消費される。 1574年スペイン人によって建設された古い町で,住民は信仰心が厚いことで知られる。また9月の第1~3の各日曜日に行われるニニョ (スペイン語で「子供」の意) 行列は有名。市内にはフアン・ミサエル・サラチョ大学 (1946) がある。人口9万 115 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タリハ
たりは
Tarija

南アメリカ中部、ボリビア南部の都市。アンデス山系のコルディエラ・オリエンタル山脈東斜面、標高1900メートルの高原盆地に位置する。人口15万3457(2001)。1574年にスペイン人が建設した同国最古の植民地都市の一つで、豊かなグアダルキビル川の流域の中心として発達した。アルゼンチン国境まで200キロメートル足らずであるが、道路状況は悪い。住民は南ヨーロッパ系とレバノン系が多く、カラフルな宗教行事で知られる。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タリハの関連キーワードパス・エステンソロパス・エステンソロ

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android