タングステン電球(読み)タングステンデンキュウ

  • タングステンでんきゅう ‥デンキウ
  • タングステンでんきゅう〔デンキウ〕

百科事典マイペディアの解説

タングステンフィラメント白熱電球をいい,電球内が真空のものと,アルゴン入して効率を上げたガス入りとがある。後者ではガスによる熱損失を防ぐため一重か二重コイルのフィラメントが使われる。またまぶしさを和らげるため内面つや消しのガラス球を使用。1908年にアメリカのW.D.クーリッジがタングステン線の製造に成功し,炭素フィラメント電球にとって代わった。日本で初めて電球(炭素フィラメント電球)が,白熱舎によって試作されたのは1890年のこと。1910年に東京電気が初めて国産のタングステン電球を製造,マツダランプの名称で発売した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 フィラメントにタングステンを用いた白熱電球。一九〇八年にアメリカのクーリッジが発明。フィラメントの形状には、単線のもの、コイル状のもの、二重コイル状のものなどがある。現在用いられている電球はほとんどこれで、懐中電灯などに用いられる小形のものからサーチライトなどに用いられている大形のものまである。タングステンランプ。タングステン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タングステン電球の関連情報