コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンボラ[山] Gunung Tambora

1件 の用語解説(タンボラ[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タンボラ[山]【Gunung Tambora】

インドネシア,スンバワ島サンガル半島の大部分を占めている基底直径約40kmの成層火山。標高2851m。山頂には直径約6km,深さ約600mの火口がある。1815年の噴火は歴史に記録された世界最大の噴火とされている。4月10~12日の大爆発音は1750kmまで聞こえ,500km離れたマドゥラ島ではその火山灰のため3日間暗闇が続いた。高さ3900mあった山頂は2851mに減じ,上記火口が生じた。消失した山体は約30km3,噴出物の体積は100~150km3と見積もられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のタンボラ[山]の言及

【スンバワ[島]】より

…内陸部諸所に新期の火山が噴出する。北岸中央の最高峰タンボラ火山(2850m)はかつては標高4000mを超えていたが,1815年の大爆発(有史以来,世界屈指の爆発として知られる。死者5万)で現在の高さになった。…

※「タンボラ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone