コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンボラ[山] Gunung Tambora

世界大百科事典 第2版の解説

タンボラ[山]【Gunung Tambora】

インドネシア,スンバワ島のサンガル半島の大部分を占めている基底直径約40kmの成層火山。標高2851m。山頂には直径約6km,深さ約600mの火口がある。1815年の噴火は歴史に記録された世界最大の噴火とされている。4月10~12日の大爆発音は1750kmまで聞こえ,500km離れたマドゥラ島ではその火山灰のため3日間暗闇が続いた。高さ3900mあった山頂は2851mに減じ,上記火口が生じた。消失した山体は約30km3,噴出物の体積は100~150km3と見積もられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のタンボラ[山]の言及

【スンバワ[島]】より

…内陸部諸所に新期の火山が噴出する。北岸中央の最高峰タンボラ火山(2850m)はかつては標高4000mを超えていたが,1815年の大爆発(有史以来,世界屈指の爆発として知られる。死者5万)で現在の高さになった。…

※「タンボラ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タンボラ[山]の関連キーワードインドネシア体積

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android