ターク・イ・ブスターン(読み)タークイブスターン

百科事典マイペディアの解説

ターク・イ・ブスターン

イラン西部のケルマンシャー近郊にあるササン朝の遺跡。池に面する岸壁に掘られたアーチ形の祠堂(しどう)に,4世紀から7世紀にわたる3種の浮彫群がある。ホスロー2世がつくらせたとされる大洞にある帝王の像が有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android