コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タービンエンジン turbine engine

大辞林 第三版の解説

タービンエンジン【turbine engine】

高圧ガスなどで回転翼を回して推力をつくり出すエンジン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タービンエンジン
たーびんえんじん
turbine engine

高温・高圧の蒸気または燃焼ガスによって羽根車を回転させ、動力を得ている原動機。エネルギーを蒸気から得るものを蒸気タービン、燃焼ガスから得ているものをガスタービンという。前者はおもに地上の定置用(発電用)または大型の船舶に用いられ、後者は航空機、鉄道車両あるいは高速度の船舶に使用されている。一般にタービンエンジンというとガスタービンエンジンをさすことが多い。
 ガスタービンのうち航空機に用いられるものはジェットエンジンともよばれ、出力の取り出し方によってターボジェット、ターボファン、ターボプロップ、ターボシャフトの4種に分けられる。タービンエンジンは回転運動だけのため、往復運動のピストンエンジンに比べ構造が簡単で、大出力が得られ、振動が少なくて寿命が長く、運転操作や点検・保守が容易という利点をもつ。またジェットエンジンでは小型・軽量の割に出力が大きく、燃料の種類を選ばない、プロペラを使用しないで前進力を得ることができる、などの特長がある。その結果、ピストンエンジンの時代では不可能とされていた音速以上の速度で飛ぶこともできるようになり、航空機の発達史に一大革命をもたらした。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タービンエンジンの関連キーワードアエロスパシアル・アルーエトIIターボシャフト・エンジンターボプロップ・エンジンターボジェット・エンジンMターボジェットエンジンターボファン・エンジンターボシャフトエンジンターボプロップエンジンターボファンエンジンタービンヘリコプターガスタービン自動車スーパーエコシップ自動車用機関Tヘリコプター回転翼航空機高揚力装置STOL機VTOL機

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タービンエンジンの関連情報