コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターフェ Taaffe, Eduard, Graf von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターフェ
Taaffe, Eduard, Graf von

[生]1833.2.24. ウィーン
[没]1895.11.29. エリシャウ
オーストリアの政治家。 1867年内務・国防長官となり,翌 68年アウエルシュペルク公の跡を継いで帝国宰相となったが,チェコ人への譲歩を主張して 70年辞職した。しかし 79年自由党内閣の崩壊とともに皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に請われて,中央政界に復帰し宰相となった。彼はドイツ民族主義に対抗して,チェコ語をドイツ語と並ぶボヘミアの半公用語とし,チェコ人の帝国議会復帰を実現するなど,カトリック教会や,帝国領内のチェコ人の支持を受けたが,93年普通選挙の実施要求を議会に拒絶されて辞職した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ターフェの関連キーワードEudora ART Seriesヒューマンマシンインターフェースブレーンマシンインターフェースwebユーザーインターフェーストップレベルインターフェイスジェスチャーインターフェースタッチレスインターフェースユーザー・インターフェースヒューマンインターフェース基本レートインターフェイス非接触型インターフェースレガシーインターフェーススーパーインターフェイスタッチインターフェースインターフェイスボードサブインターフェイスInterlinkインターフェイス型BigDriveジェスチャー入力

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android