コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイカスト法 ダイカストほうdie-casting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイカスト法
ダイカストほう
die-casting

金型を用いる精密鋳造法。金型に溶湯 (溶融金属) を 100~1000 kg/cm2 の圧力で強制的に圧入鋳造する。金型のため冷却が速いので組織の細かい良質の鋳物ができ,また薄肉や複雑な形状の鋳物もつくりやすいが,反面,肉厚鋳物では冷却が不均等になるので適しない。また溶湯圧入の際,空気も同時に巻込まれやすく,空気気泡による特性が劣化する場合もあり,その対策として種々の方法が考案されている。装置は比較的簡単かつ安価で生産性は各種鋳造法中最も高いが,溶湯圧入の衝撃のため高価な金型の損傷が激しく,また比較的低融点金属材料にしか適用できないなどの長・短所がある。適用材料はアルミニウム合金,マグネシウム合金,亜鉛合金,スズ合金,鉛合金および銅合金などで,鉄鋳物には用いられず,また大型物にも不適である。量産に適するので中小物の自動車機械部品,カメラボディ,家具鋳物などに多く応用されている。注湯を特に高圧としない重力鋳造でも,金型で機械注湯にした場合をダイカストということがあるが,鋳造品の組織学的特徴からいえばこれは普通の金型鋳造である。ダイカスト用金型が高価なのは,材料費よりもむしろ型彫り代が高いためである。この方法は,1838年にアメリカのブルースが活字鋳造用に発明し,1907年に E. B.ファンワグナーが現在の原型の圧入型を始め,以来改良されて今日の技術となった。日本への導入は 25年頃である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダイカスト法の関連キーワード冶金

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android