コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイナンウミヘビ

2件 の用語解説(ダイナンウミヘビの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ダイナンウミヘビ

ウミヘビ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイナンウミヘビ
だいなんうみへび / 大灘海蛇
offshore snakelongbill snake eel
[学]Ophisurus macrorhynchus

硬骨魚綱ウナギウミヘビ科に属する海水魚。単にウミヘビともよばれる。本州中部以南、西太平洋からインド洋大西洋に分布。ウミヘビ類中もっとも大きく、全長約160センチメートルに達する。体は円柱状で尾びれを欠き、尾端は肉質で終わる。吻(ふん)が長く、上下両顎(りょうがく)は突出して長い嘴(くちばし)状となり、先端部に強い犬歯をもつ。体は灰褐色で斑紋(はんもん)はなく、縦走または斜走する多数の微小隆起線がある。夜行性で、内湾の浅所で夜間に釣られたり、定置網や深海の機船底引網にも入るが、肉は不味で食用価値はない。[浅野博利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のダイナンウミヘビの言及

【ウミヘビ(海蛇)】より

…どの種類もほとんど食用とされず,利用価値はない。 ダイナンウミヘビOphisurus macrorhynchus(イラスト)は本州中部以南で,機船底引網によりしばしば漁獲される。体は長く,ウミヘビ類の中でももっとも大きく,全長160cmに及ぶものもある。…

※「ダイナンウミヘビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダイナンウミヘビの関連情報