コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダカール・ラリー ダカールラリー

百科事典マイペディアの解説

ダカール・ラリー

アフリカの荒野などを長距離,長期間にわたり走り,その冒険的要素を全面に出す自動車競走クロスカントリーラリークロスカントリー・レース参照)の代表的存在。1979年に第1回大会が行われた。初めは,年末にフランスのパリを出発し,2週間以上かけてアフリカ大陸の中央部を走破し,1月半ばにセネガルの首都ダカールに至るコースをとり,パリ・ダカール・ラリーと呼ばれていたが,その後コースはパリを起点としないものになった。1997年の大会はダカールからスタートしニジェールのアガデスで折り返しダカールにゴールするコースで行われ,篠塚建次郎が日本人ドライバー初の総合優勝を果たした。→ラリー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ダカール・ラリー

世界で最も過酷といわれるモータースポーツのラリー。79年にフランスの首都パリと、セネガルの首都ダカール間で第1回のレースが実施されたことから「パリ・ダカ」の愛称でも知られる。四輪部門では第19回に篠塚建次郎(日産=当時三菱自動車)、第24回、第25回に増岡浩(三菱自動車)が総合優勝している。アフリカの内戦地域など治安の悪い場所を避けるために幾度もコースが変更されており、30回目となる今年はポルトガルの首都リスボンをスタートし、ダカールまでの15ステージ、6千キロ弱のコースでの実施が予定されていた。

(2008-01-05 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ダカール・ラリーの関連キーワードステファン ペテランセルパリ‐ダカール・ラリートランザルプ600Vリュック アルファンパリダカールラリーアンリ マーニュジャン トッドレンジローバーダカールラリーポルシェ959アリ バタネンアフリカツインサンドバギーXT500藤本えみりパジェロ賀曽利隆パリダカ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダカール・ラリーの関連情報