ダモーダル[川](英語表記)Dāmodar

世界大百科事典 第2版の解説

ダモーダル[川]【Dāmodar】

インド,ビハール州のチョタ・ナーグプル高原に発し,東流してカルカッタの南方48kmでガンガー(ガンジス)川の分流フーグリ川に合流してベンガル湾に注ぐ。全長541km,流域面積1万2000km2。インド亜大陸のなかでは小規模の部類に属するが,1948年に始まるダモーダル河谷総合開発Dāmodar Valley Corporation(DVC)によってよく知られる。元来この流域の荒廃はひどく,モンスーン期には激しい土壌の流亡と大水害が頻発し,〈悲劇の川〉ともいわれていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android