コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンバートン・オークス会議 ダンバートンオークスかいぎ

百科事典マイペディアの解説

ダンバートン・オークス会議【ダンバートンオークスかいぎ】

1944年ワシントン郊外のダンバートン・オークスDumberton Oaksで開かれた米英ソ中の4ヵ国会議。8月21日〜9月28日は米英ソで,9月29日〜10月7日は米英中で行われた。
→関連項目サンフランシスコ会議第2次世界大戦

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンバートン・オークス会議
だんばーとんおーくすかいぎ

1944年8月21日から10月7日まで、アメリカの首都ワシントン郊外のダンバートン・オークスDumbarton Oaksで開かれた、国際連合設立に関する主要連合国の会議。会議は、8月21日から9月28日までアメリカ、イギリス、ソ連の3か国、9月29日から10月7日までアメリカ、イギリス、中国の3か国と別個に開かれた。これは当時、日本と交戦国でなかったソ連が、中国と同席することによって、アジアで日本と交戦関係が生じることを懸念したためである。この会議で発表された「一般的国際機構の設立に関する提案」は、後の国連憲章の原案となり、新しい国際機構は全加盟国からなる総会と、大国を中心とする安全保障理事会の二つを骨子とすることが、参加国の間で合意された。[藤村瞬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダンバートン・オークス会議の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)ダレス

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android