コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダーウィン海膨 ダーウィンかいぼうDarwin Rise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダーウィン海膨
ダーウィンかいぼう
Darwin Rise

太平洋中央部に存在したといわれる約2億 2000万年前から 6500万年前の仮想的な海膨。サンゴ礁成因の沈降説 (南太平洋地域が広く沈降したとの学説) を発表した C.ダーウィンにちなんで W.メナードが命名。太平洋西部のギヨーの頂上と環礁の基盤の深さから,ギヨーや環礁の基盤をつくる火山島ができた1億年ほど前には,幅 4000km,長さ1万 km,深さ 3500m,比高約 2000mの海膨が北西から南東方向に存在したと考えられる。そこに海底火山ができてからこの地域が隆起し,海底火山の頂上部が浸食されて平頂火山となり,その後,数千万年前から沈降し続け,平頂火山の頂部にはサンゴ礁が形成されて環礁となり,一部のものはギヨーとなって現在にいたったといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ダーウィン海膨【ダーウィンかいぼう】

南西太平洋に過去に存在したと推定される海膨。約1億年前に,トゥアモトゥ諸島〜マーシャル諸島に長さ1万km以上,幅4000km以上の地域が海底から比高約2km隆起して海膨をなし,今日の東太平洋海膨に似て海嶺,海盆,断裂帯,火山群等を有していた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ダーウィン海膨の関連キーワードサンゴ(珊瑚)礁

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android