コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダーウィン海膨 ダーウィンかいぼう Darwin Rise

2件 の用語解説(ダーウィン海膨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダーウィン海膨
ダーウィンかいぼう
Darwin Rise

太平洋中央部に存在したといわれる約2億 2000万年前から 6500万年前の仮想的な海膨サンゴ礁成因の沈降説 (南太平洋地域が広く沈降したとの学説) を発表した C.ダーウィンにちなんで W.メナードが命名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ダーウィン海膨【ダーウィンかいぼう】

南西太平洋に過去に存在したと推定される海膨。約1億年前に,トゥアモトゥ諸島マーシャル諸島に長さ1万km以上,幅4000km以上の地域が海底から比高約2km隆起して海膨をなし,今日の東太平洋海膨に似て海嶺,海盆,断裂帯,火山群等を有していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ダーウィン海膨の関連キーワードバヌアツ北西太平洋海盆海膨(かいぼう)推定活断層本吉〈町〉小高〈町〉鹿島〈町〉海部〈町〉池上・曾根遺跡インド・西太平洋生物地理区

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone