コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダークマター だーくまたーdark matter

翻訳|dark matter

6件 の用語解説(ダークマターの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ダークマター

暗黒物質」のページをご覧ください。

ダークマター

暗黒物質」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ダークマター

dark matter。宇宙に広がる未知の物質で,通常の観測手段では見えないので暗黒物質ともいう。宇宙には電磁波可視光線赤外線紫外線,電波,X線,γ線)を出す天体やガスがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダークマター
dark matter

宇宙空間に存在し,質量だけをもち,目に見えない物質。暗黒物質ともいう。観測可能な光(電磁波)を発しないため直接観測できないが,銀河銀河団の質量計測から存在が確認されている物体で,ミッシングマス missing massとして知られていたもの。銀河系など渦状銀河では,回転曲線から求めた質量が全恒星の質量よりもはるかに大きい。銀河団では見える銀河の星の数から推定した質量よりも,銀河の運動や高温プラズマの圧力を使って計測した質量のほうがおよそ 10倍も大きい。これらの事実から,そこには見えない物質,ダークマターが存在していることがわかる。その正体については未知の素粒子と考える説などいくつかあるが,まだわかっていない。宇宙の空間曲率,銀河の形成過程といった根本的な問題を解く重要な鍵を握っている物質といえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダークマターの関連情報