コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダーレンドルフ ダーレンドルフ Dahrendorf, Ralf Gustav

2件 の用語解説(ダーレンドルフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダーレンドルフ
ダーレンドルフ
Dahrendorf, Ralf Gustav

[生]1929.5.1. ハンブルク
[没]2009.6.17. ケルン
ドイツ生まれの政治学者,社会学者,政治家。ハンブルク大学ロンドン大学で学ぶ。一時政界に進出。のちイギリスに移り,ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス学長,オックスフォード大学セントアントニーズカレッジ学長などを歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダーレンドルフ
だーれんどるふ
Ralf Dahrendorf
(1929―2009)

ドイツの社会学者。ハンブルクに生まれる。ハンブルク大学で哲学を、ロンドン大学で社会学を学ぶ。ハンブルク大学、チュービンゲン大学などの社会学教授を歴任、1974年以降ロンドン大学、オックスフォード大学、ベルリン社会科学研究センターなどの教授を務めた。英国から初めはナイト、ついで1993年に一代貴族の男爵に叙せられた。また、この間ドイツ社会民主党ブラント政権の外務次官、EC(ヨーロッパ共同体)委員なども務めている。『産業社会における階級および階級闘争』(1957)では、マルクスの階級理論とアメリカ社会学構造機能分析を、ともに批判的に摂取しながら、闘争の一般理論を構築しようとして、注目を浴びた。また『ホモ・ソシオロジクス』(1959)は、人間の自由と個性に視点を据えて、新しい社会学を構想する試みとなっている。こうした姿勢は『ライフチャンス』(1979)にも読み取れる。ほかに『産業社会学』(1956)、『ドイツにおける社会とデモクラシー』(1965)、『現代文明にとって自由とは何か』(1975)、『現代の社会紛争』(1988)、『ヨーロッパ革命の考察』(1990)などがある。[元島邦夫・原 純輔]
『池内信行・鈴木英寿訳『産業社会学』(1961・千倉書房) ▽富永健一訳『産業社会における階級および階級闘争』(1964・ダイヤモンド社) ▽橋本和幸訳『ホモ・ソシオロジクス――役割と自由』(1973・ミネルヴァ書房) ▽ラルフ・ダーレンドルフ著、橋本和幸・鈴木正仁・平松闊訳 『ユートピアからの脱出』(1975・ミネルヴァ書房) ▽ラルフ・ダーレンドルフ著、橋本和幸・鈴木正仁・平松闊訳『価値と社会科学』(1976・ミネルヴァ書房) ▽ラルフ・ダーレンドルフ著、日本経済新聞社訳『ヨーロッパ経済の危機――岐路にたつ成熟社会』(1982・日本経済新聞社) ▽吉田博司他訳『ライフ・チャンス――「新しい自由主義」の政治社会学』(1982・創世記/改題『新しい自由主義――ライフ・チャンス』1987・学陽書房) ▽ラルフ・ダーレンドルフ著、天野亮一訳『なぜ英国は「失敗」したか?』(1984・TBSブリタニカ) ▽加藤秀治郎訳『現代文明にとって「自由」とは何か』(1988・TBSブリタニカ) ▽岡田舜平訳『ヨーロッパ革命の考察――「社会主義」から「開かれた社会」へ』(1991・時事通信社) ▽ラルフ・ダーレンドルフ著、加藤秀治郎訳『激動するヨーロッパと世界新秩序』(1992・TBSブリタニカ) ▽ラルフ・ダーレンドルフ著、加藤秀治郎編・監訳『政治・社会論集――重要論文選』(1998/増補版2006・晃洋書房) ▽加藤秀治郎・檜山雅人訳『現代の社会紛争』(2001・世界思想社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダーレンドルフの関連キーワードハンブルマリエンブルク城レーベンブルク城エーデンブルクハンブルク交響楽団ハンブルク州立フィルハーモニー管弦楽団ハンブルク・フィルハーモニカーハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団ハンブルク・バレエ団ローテンブルク岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone