コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダーレンドルフ Dahrendorf, Ralf Gustav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダーレンドルフ
Dahrendorf, Ralf Gustav

[生]1929.5.1. ハンブルク
[没]2009.6.17. ケルン
ドイツ生まれの政治学者,社会学者,政治家。ハンブルク大学,ロンドン大学で学ぶ。一時政界に進出。のちイギリスに移り,ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス学長,オックスフォード大学セントアントニーズカレッジ学長などを歴任。研究領域は多様だが,マルクスの階級社会論批判とタルコット・パーソンズの社会システム論批判が有名。主著『産業社会における階級および階級闘争』Class and Class conflict in Industrial Society(1959),『ヨーロッパ革命の考察』Reflections on the Revolution in Europe(1990)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダーレンドルフ
だーれんどるふ
Ralf Dahrendorf
(1929―2009)

ドイツの社会学者。ハンブルクに生まれる。ハンブルク大学で哲学を、ロンドン大学で社会学を学ぶ。ハンブルク大学、チュービンゲン大学などの社会学教授を歴任、1974年以降ロンドン大学、オックスフォード大学、ベルリン社会科学研究センターなどの教授を務めた。英国から初めはナイト、ついで1993年に一代貴族の男爵に叙せられた。また、この間ドイツ社会民主党ブラント政権の外務次官、EC(ヨーロッパ共同体)委員なども務めている。『産業社会における階級および階級闘争』(1957)では、マルクスの階級理論とアメリカ社会学の構造機能分析を、ともに批判的に摂取しながら、闘争の一般理論を構築しようとして、注目を浴びた。また『ホモ・ソシオロジクス』(1959)は、人間の自由と個性に視点を据えて、新しい社会学を構想する試みとなっている。こうした姿勢は『ライフ・チャンス』(1979)にも読み取れる。ほかに『産業社会学』(1956)、『ドイツにおける社会とデモクラシー』(1965)、『現代文明にとって自由とは何か』(1975)、『現代の社会紛争』(1988)、『ヨーロッパ革命の考察』(1990)などがある。[元島邦夫・原 純輔]
『池内信行・鈴木英寿訳『産業社会学』(1961・千倉書房) ▽富永健一訳『産業社会における階級および階級闘争』(1964・ダイヤモンド社) ▽橋本和幸訳『ホモ・ソシオロジクス――役割と自由』(1973・ミネルヴァ書房) ▽ラルフ・ダーレンドルフ著、橋本和幸・鈴木正仁・平松闊訳 『ユートピアからの脱出』(1975・ミネルヴァ書房) ▽ラルフ・ダーレンドルフ著、橋本和幸・鈴木正仁・平松闊訳『価値と社会科学』(1976・ミネルヴァ書房) ▽ラルフ・ダーレンドルフ著、日本経済新聞社訳『ヨーロッパ経済の危機――岐路にたつ成熟社会』(1982・日本経済新聞社) ▽吉田博司他訳『ライフ・チャンス――「新しい自由主義」の政治社会学』(1982・創世記/改題『新しい自由主義――ライフ・チャンス』1987・学陽書房) ▽ラルフ・ダーレンドルフ著、天野亮一訳『なぜ英国は「失敗」したか?』(1984・TBSブリタニカ) ▽加藤秀治郎訳『現代文明にとって「自由」とは何か』(1988・TBSブリタニカ) ▽岡田舜平訳『ヨーロッパ革命の考察――「社会主義」から「開かれた社会」へ』(1991・時事通信社) ▽ラルフ・ダーレンドルフ著、加藤秀治郎訳『激動するヨーロッパと世界新秩序』(1992・TBSブリタニカ) ▽ラルフ・ダーレンドルフ著、加藤秀治郎編・監訳『政治・社会論集――重要論文選』(1998/増補版2006・晃洋書房) ▽加藤秀治郎・檜山雅人訳『現代の社会紛争』(2001・世界思想社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ダーレンドルフの関連キーワード脱工業化社会社会構造役割

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android