コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェーピン Chapin, Francis Stuart

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェーピン
Chapin, Francis Stuart

[生]1888.2.3. ニューヨーク,ブルックリン
[没]1974.7.7.
アメリカの社会学者,統計学者。コロンビア大学卒業,1919~22年スミス・カレッジの教授を経て 22~53年にミネソタ大学教授,53年退官し名誉教授。この間アメリカ社会学会会長もつとめた。文化社会学の立場を取りつつ,社会変動や社会制度を中心に研究し,その方法として操作的方法を強調した。自然科学的方法を社会学領域に導入し,統計的,数量的,実験的方法などを採用して社会現象の分析を行なった。社会=経済的地位尺度は特に有名である。主著『フィールドワークと社会調査』 Field Work and Social Research (1920) ,『文化変容』 Cultural Change (28) ,『社会学調査における実験計画法』 Experimental Designs in Sociological Research (47) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェーピン
ちぇーぴん
Francis Stuart Chapin
(1888―1974)

アメリカの社会学者、統計学者。ニューヨーク州生まれ。コロンビア大学卒業後、1911年に同大学から学位を取得。1922年から1953年までミネソタ大学教授。この間アメリカ社会学会会長に就任(1935)した。社会学の領域に統計的方法を導入し、社会経済的地位尺度の作成、社会現象に対する実験的方法の適用など社会調査の各方面で多くの業績を残した。社会調査法のテキストを初めて刊行している。社会経済的地位尺度としては、家庭の居間の調度品を調査し、それに任意のウェイトを与え、その合計によって社会的地位を測定しようというリビングルーム・スケールを作成した。社会現象への実験的方法の適用としては、実験群と対照群を現在時点で比較する方法、実験群と対照群をある時間的経過の後に比較する方法などを確立した。主著は『フィールド・ワークと社会調査』(1920)、『社会調査における実験計画法』(1947)など。[本間康平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

チェーピン

生年月日:1888年2月3日
アメリカの社会学者
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

チェーピンの関連キーワード社会=経済的地位尺度イェンヒェーピングハンス アルベーンリンヒェーピングノルヒェーピングテッシン(小)カルル10世ツンベリーカルル9世生年月日マグヌスベリマンシェーレ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android