コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チックテスター chick tester

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チックテスター
chick tester

家禽の雌雄鑑別に用いる光学機械。機械の先端についている細長いガラス管を雛の肛門から直腸に挿入し,腸壁を通して,雛の精巣または卵巣を3倍に拡大して観察し,雌雄を鑑別する装置。配電盤と本体の2部から成り,重さ約 2500g,ガラス管の長さと太さは各種家禽の雛の直腸の形状に合せてつくられる。鶏用は長さ 27mm,太さ 4mm。 1950年日本の木沢武夫が発明したもので,海外にも普及しており,優秀な鑑別技術者は,100羽 100%の鑑別率で4分 27秒の記録を出している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チックテスター【chicktester】

家禽(かきん)の初生雛の雌雄を鑑別するための光学機械で,1950年木沢武夫によって発明された。原理は雛の生殖腺の形の差を,直腸に挿入したガラスの曲管によって腸壁を通して観察し鑑別するもので,ニワトリ用のほかチャボ,シチメンチョウ,アヒルなど各種の家禽用に数種類製作されている。実施の要領は,まず雛を左手で保定し,右手にチックテスターを持ってその先端の曲管を肛門から直腸内に挿入する。接眼部に目を当てると,光源からの照明で雛の腹腔内が薄い腸壁を通して見えるので,雄ならば脊柱の両側に白い米粒状の精巣が,雌ならば脊柱の左側にのみ不正三角形の卵巣を確認し雌雄鑑別する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android