コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チックテスター チックテスター chick tester

2件 の用語解説(チックテスターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チックテスター
チックテスター
chick tester

家禽の雛の雌雄鑑別に用いる光学機械。機械の先端についている細長いガラス管を雛の肛門から直腸に挿入し,腸壁を通して,雛の精巣または卵巣を3倍に拡大して観察し,雌雄を鑑別する装置。配電盤と本体の2部から成り,重さ約 2500g,ガラス管の長さと太さは各種家禽の雛の直腸の形状に合せてつくられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チックテスター【chicktester】

家禽(かきん)の初生雛の雌雄を鑑別するための光学機械で,1950年木沢武夫によって発明された。原理は雛の生殖腺の形の差を,直腸に挿入したガラスの曲管によって腸壁を通して観察し鑑別するもので,ニワトリ用のほかチャボシチメンチョウアヒルなど各種の家禽用に数種類製作されている。実施の要領は,まず雛を左手で保定し,右手にチックテスターを持ってその先端の曲管を肛門から直腸内に挿入する。接眼部に目を当てると,光源からの照明で雛の腹腔内が薄い腸壁を通して見えるので,雄ならば脊柱の両側に白い米粒状の精巣が,雌ならば脊柱の左側にのみ不正三角形の卵巣を確認し雌雄鑑別する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チックテスターの関連キーワード雌雄鑑別初生雛嗅ぎ茶烏の雌雄雌雄を決する誰か烏の雌雄を知らん増井清誰か烏の雌雄を知らんや日本家禽学会初生雛鑑別師

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone