コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チボー・ド・シャンパーニュ チボー・ド・シャンパーニュ Thibaut de Champagne

2件 の用語解説(チボー・ド・シャンパーニュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チボー・ド・シャンパーニュ
チボー・ド・シャンパーニュ
Thibaut de Champagne

[生]1201.5.30? シャンパーニュトロア
[没]1253.7.7. スペインパンプローナ
フランスの抒情詩人。シャンパーニュ伯爵,ナバール王チボー4世 (在位 1234~53) 。最も著名なトルベールの一人。クレチアン・ド・トロアの庇護者マリー・ド・シャンパーニュの孫。国王に反抗したり,第7回十字軍 (1239) を率いたり,軍人,政治家として波乱の生涯をおくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チボー・ド・シャンパーニュ
ちぼーどしゃんぱーにゅ
Thibaud de Champagne
(1201―1253)

フランスの叙情詩人。父シャンパーニュ伯チボー3世を継いでチボー4世となり、また母方の領地を相続してナバールナバラ)Navarre国王となる。1239~40年には十字軍を率いて聖地に赴く。作品は恋愛歌、問答歌、牧歌、諍歌(そうか)、十字軍の歌など総数79編が今日に伝わっているが、とくに南仏宮廷風な雅調を帯びた恋愛歌は13世紀最高の詩美を備えており、17世紀の洗練美の先駆をなす。[目黒士門]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チボー・ド・シャンパーニュの関連キーワードシャンパーニュカンパーニャシャンパーニュアルデンヌジャンパーピン鴨川オーシャンパークシャンパンストッパーシャンパーニュ(シャンパン)シャンパーニュ,P.deシャンパーニュ・ベリションヌフィーヌ・シャンパーニュ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone