コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チミケップ湖 チミケップこ

1件 の用語解説(チミケップ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チミケップ湖
チミケップこ

北海道北東部,津別町の西部にある湖。面積約 1.1km2。周囲 6.5km。最大深度 20.8m。湖面標高 307m。網走川の支流,チミケップ川上流にある堰止湖。ヒメマス原産地で,ニジマスワカサギなどが養殖される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のチミケップ湖の言及

【津別[町]】より

…網走川とその支流沿いの低地で小麦,ジャガイモ,テンサイ,タマネギなどを栽培する。国際キャンプ場がある堰止湖のチミケップ湖(面積約1km2),屈斜路湖や大雪山を一望できる津別峠,阿寒湖を眼下に見る木禽(ききん)岳(995m)などはいずれも原始林におおわれた景勝の地で,阿寒国立公園に属している。【奥平 忠志】。…

※「チミケップ湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone