コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チミケップ湖 チミケップこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チミケップ湖
チミケップこ

北海道北東部,津別町の西部にある湖。面積約 1.1km2。周囲 6.5km。最大深度 20.8m。湖面標高 307m。網走川支流,チミケップ川上流にある堰止湖ヒメマス原産地で,ニジマスワカサギなどが養殖される。湖水原始林で囲まれ,湖口から約 300m下流に鹿鳴 (ろくめい) の滝がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のチミケップ湖の言及

【津別[町]】より

…網走川とその支流沿いの低地で小麦,ジャガイモ,テンサイ,タマネギなどを栽培する。国際キャンプ場がある堰止湖のチミケップ湖(面積約1km2),屈斜路湖や大雪山を一望できる津別峠,阿寒湖を眼下に見る木禽(ききん)岳(995m)などはいずれも原始林におおわれた景勝の地で,阿寒国立公園に属している。【奥平 忠志】。…

※「チミケップ湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チミケップ湖の関連キーワード北海道網走郡津別町ヒメマス(姫鱒)マリモ(毬藻)津別(町)津別[町]

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android