チミケップ湖(読み)チミケップこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「チミケップ湖」の解説

チミケップ湖
チミケップこ

北海道北東部,津別町西部にある湖。面積約 1.1km2。周囲 6.5km。最大深度 20.8m。湖面標高 307m。網走川支流,チミケップ川上流にある堰止湖ヒメマスの原産地で,ニジマスワカサギなどが養殖される。湖水原始林で囲まれ,湖口から約 300m下流に鹿鳴 (ろくめい) のがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラス「チミケップ湖」の解説

チミケップ湖

北海道網走郡津別町西部にある湖。面積約1.05平方キロメートルの堰止湖で、ヒメマスの原産地として知られる。周辺には散策路や野鳥観察舎、キャンプ場などが整備されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のチミケップ湖の言及

【津別[町]】より

…網走川とその支流沿いの低地で小麦,ジャガイモ,テンサイ,タマネギなどを栽培する。国際キャンプ場がある堰止湖のチミケップ湖(面積約1km2),屈斜路湖や大雪山を一望できる津別峠,阿寒湖を眼下に見る木禽(ききん)岳(995m)などはいずれも原始林におおわれた景勝の地で,阿寒国立公園に属している。【奥平 忠志】。…

※「チミケップ湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android