鹿鳴(読み)ロクメイ

大辞林 第三版の解説

ろくめい【鹿鳴】

〔「詩経小雅」にある「鹿鳴」の詩が賓客をもてなす際に歌われたことから〕
群臣賓客を迎える宴会。また、その宴で歌われる歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ろく‐めい【鹿鳴】

〘名〙
① 鹿の鳴くこと。また、その声。
※詩文の粉飾(1889)〈内田魯庵〉「鹿鳴(ロクメイ)の呦々(ゆうゆう)たる」 〔詩経‐小雅・鹿鳴〕
② (「詩経」の「小雅・鹿鳴」の詩が群臣や賓客をもてなす宴会のときに詠ずる歌と解されているところから) 宴会のときに奏する音楽。また、宴会。
※本朝文粋(1060頃)二・停九日宴十月行詔〈大江朝綱〉「爰洛水春遊、昔日閣筆、商飇秋宴、今時巻筵、鹿鳴再停、人心不楽」 〔曹植‐求通親親表〕
③ 「ろくめい(鹿鳴)の宴①」の略。また、その宴で歌う歌。〔韓愈‐送楊少尹序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿鳴の関連情報