コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンディ candi; chandi; tjandi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンディ
candi; chandi; tjandi

インドネシア語で寺の意。広義には 15世紀以前のインドネシアの宗教建築において,祠堂ストゥーパビハーラ,霊水沐浴場,洞窟などの総称として用いられる。通常はイスラム教以外の主としてヒンドゥー教,仏教の寺院をいう。また,寺院の全体ではなく,個々の堂や塔をさすことも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャンディ【candi】

インドネシアのジャワ島に残る石造の霊廟をいう。8世紀より15世紀までの遺構が残っており,現存する遺構の名前の頭にチャンディという名称が添えられる。ブロック状に切られた方形の石を水平に積み上げて造られ,その内部には遺灰が納められ,さらに仏像や神像が安置され,礼拝の場となる。チャンディは仏教あるいはヒンドゥー教のもので,代表的なものに仏教のボロブドゥール,ヒンドゥー教ではプランバナン遺跡群のなかのロロ・ジョングランがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチャンディの言及

【インドネシア】より

…それは16世紀以降,イスラムが浸透したため,造形活動が弱まり,古代インドネシアの伝統美術がまったく衰退したからである。 インドネシアの美術は,一般にチャンディと称する遺構に伴って残存している。チャンディとは祖先の霊をまつる霊廟にあたるが,火山岩の切石を積み上げて建てた寺院建築である。…

※「チャンディ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャンディの関連キーワードヴィレム・フレデリク ストゥッテルヘイムネックチャンドロックガーデンカンダーリヤマハーデーバ寺院フレデリク・D.K. ボスチャンディ・プランバナンウルンダヌブラタン寺院ハリヤーナー[州]ディエン高原遺跡ラクシュマナ寺院ル・コルビュジエ東南アジア美術パールバティーチャンディダサインドネシア語チャンディガルパンジャブ州カジュラーホラウー[山]国民会議派トロウラン

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャンディの関連情報