コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャーニング チャーニングchurning

翻訳|churning

栄養・生化学辞典の解説

チャーニング

 かく乳ともいう.バター製造で原料クリームチャーンという装置に入れて回転かくはんする操作.気泡がクリームに入り,脂肪球膜がこわれてバターができてくる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャーニング【churning】

クリームをチャーンという装置に入れ,振盪(しんとう),かくはんしてバター粒子を生成させる操作をいう。バター製造中もっとも重要な工程である。チャーンには木製チャーンとメタルチャーンがあるが,機能的にも衛生的にも後者が優れている。また,チャーニングの次の工程であるワーキングも行える型式のものはコンバインドチャーン呼ばれる。チャーニングにより,クリームからバター粒子が生成する理論には相転換説と泡沫説の二つがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone