チャールズ皇太子(英語表記)Prince Charles

  • チャールズコウタイシ

20世紀西洋人名事典の解説


1948.11.14 -
英国国籍。
英国皇太子。
ケンブリッジ大学〔’70年〕
本名Philip Authur George Charles。
英国女王エリザベス2世第一王子。エジンバラ公。1952年皇太子、’69年立太子となる。’70年上院議員、’71年海軍入隊。’81年ダイアナ・スペンサー嬢と結婚。82年ウィリアム王子、84年ヘンリー王子誕生。92年ダイアナ妃別居

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
英国皇太子 エリザベス英国女王の第一王子

国籍
英国

生年月日
1948年11月14日

出生地
ロンドン

本名
チャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ〈Charles Philip Arthur George〉

別名
称号=ウェールズ公〈The Prince of Wales〉

学歴
ケンブリッジ大学〔1970年〕卒

受賞
イギリス書籍賞最優秀作家賞(第1回,1989年度)「A Vision of Britain(英国幻視)」

経歴
英国女王エリザベス2世の第一王子。王位継承第1順位。1952年皇太子(コーンウォール公爵)、’58年7月“Prince of Wales”の称号を得る。’69年7月立太子式。’70年2月上院議員に列せられる。同年4月女王の名代として大阪万博に来日。’71年9月〜’76年12月空軍と海軍に入隊し、パイロットとして訓練を受ける。’81年7月ダイアナ・スペンサー嬢と結婚。’82年6月長男ウィリアム王子誕生。’84年9月二男ヘンリー王子誕生。’86年5月夫妻で来日。公務の傍ら、多彩な才能を発揮し、そのユーモア精神には定評がある。建築関係や児童文学などの著書があり、’90年英国作家協会会員となる。同年11月天皇陛下即位の礼参列のため3度目の来日。’92年ダイアナ妃との不仲を暴露する本が出版され、同年12月別居。’95年末エリザベス女王から早期離婚勧告を受け、同意。’96年8月28日正式離婚。’97年8月ダイアナ元妃の交通事故死の際には、遺体を引き取りにパリに赴いた。2000年8月日本紹介事業“ジャパン2001”名誉総裁。2005年4月長年交際していたカミラ・パーカー・ボウルズと再婚。2008年10月夫妻で来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャールズ皇太子の関連情報